最低限押さえておくべきIllustratorのアレコレ

最低限押さえておくべきIllustratorのアレコレ

はじめてのIllustrator

Illustratorは、Web制作をしているグラフィックデザイナーや、印刷業者、デザインやイラストを描く仕事をしている人などにも利用者が多いソフトウェアです。

Illustratorの最大の特徴ともいえるのが、取り扱う画像の種類といえるでしょう。Illustratorは、ベクター画像を扱うソフトウェアです。ベクター画像というものは、ベジェ曲線で描くパスでできているものです。

一般的に、デジタルカメラなどで撮影した写真をパソコンに取り込んで保存する際、ビットマップ形式やJPGなどの形式が知られていることでしょう。

ビットマップの場合は、JPEG形式に比べると、画像サイズがかなり大きくなってしまうので、ホームページを作ったりするような際には、そのようなサイズ量が大きいものを使うと、全体的にもかなり扱いにくいサイトとなってしまうので、一般的にはJPEGやPNGなどの形式にすることが多いといえます。

しかし、こういった形式で保存した画像は、ビットマップと比べるとサイズは格段に小さくなるため便利なのですが、その後、画像を拡大や縮小する際には、画質が荒くなってしまう傾向にあります。

それと比較して、ベクター画像というものは、どこまで拡大しても、その輪郭は鮮明で、なめらかなものです。

ですから、ベクター画像を取り扱うIllustratorと、JPG画像などの編集に適したフォトショップなどのソフトとでは、その使用目的が異なるものですから、これらのソフトの取り扱う形式について正しく認識することで、より一層、グラフィックデザインやイラストの作成を便利で効率的に進めることができるといえるでしょう。

Illustratorが、特にグラフィックデザイナーやイラストレーターなどのデザインを仕事としている人に重宝されているのには、そのような理由があるといえるでしょう。

特に、イラストのあるデザインのロゴマークを作成する際にも、Illustratorは大変役立つソフトウェアです。

ロゴマークは、完成するまでには、依頼主とのやり取りの中で、色やサイズなどグラフィックに関しての微調整が頻繁に行われるものです。

そのたびに、ロゴマークを作りなおしているようであれば、手間ばかりかかってしまいます。また、ロゴマークは、様々な場所に使われることを想定されているため、サイズの変更にも対応する必要があるのですが、Illustratorを使えば手軽に行うことができます。

Illustratorでできること

Web制作において、Illustratorは必需品です。

イラストの制作から、シンボルやロゴデータの作成まですべてIllustratorで制作できます。Web制作そのものは、専用ソフトを使用しますが、文字入力・写真加工以外の素材はすべてIllustratorで作成できるといえます。

ロゴデータはWeb制作を含め、いろいろな場面で使用します。会社のロゴであれば会社案内、パンフレット、封筒、名刺などすべてのものに使用します。

その会社のイメージを統一したものにするためのロゴマークです。ロゴひとつだけ表示されてれいれば、何の会社かわかるくらいです。

F1の車、スポーツ選手のユニホーム、いたるところにロゴがあり、宣伝となっています。ロゴがどんなに大きいサイズでも、綺麗に表示できるのはベクトル要素で作成されているIllustratorだからです。

細かい線から、面の形・グラデーション、文字の加工、立体の3Dイメージ作成などに欠かせません。イラスト作成でもパワーを発揮するのがIllustratorです。あらゆる加工でその用途は無限で、使用者のレベル・能力次第です。

ロゴデータもイラストもWeb制作には必要なものです。 一定以上のレベルを求めるならば、このようなソフトが必要です。Illustratorで作成したものは、いろいろなファイル形式に変換できます。

異なるバージョンやフォントなどがうまく表示できない可能性があるときはPDFファイルなど、互換性の高いファイルに変換することができます。

もちろん、イラストで使用する時はJPEGファイルに高解像度で変換できますし、色数が少ないロゴデータなどはGIFファイルなどの容量が特に小さいファイル形式に変換して使用することができます。印刷原稿に使用する時は色の指定をCMYKで指定し、その他ではRGBのまま保管すれば大丈夫です。

Illustratorは保管する時にいろいろな形式で保管できますが、そればかりでなく、様々なファイル形式を取り込み事ができます。特にCAD系は強く、図面などに対応しています。

Illustratorならではの精密さで作成したパーツをCADのソフトで使用したりできます。

Illustratorで特記できることの一つとして、レイヤー機能があります。ソフト自体では無限のように設定でき、その能力はパソコンのパワー次第です。その他にもアートボードの機能があります。こちらはプレゼンテーションなどでおすすめです。

Illustratorは使用する側によっていろいろな方法があり、表現もデザイナー次第です。その機能をどれだけ自在に操れるかで、逆に能力を試されているのかもしれません。

Illustratorの基本機能

Illustratorを使用するうえでよく使用する基本機能を3つご紹介します。

ツールボックス

ひとつ目は「ツールボックス」です。 ツールボックスは、Illustratorを起動させると画面左側に表示される、ツールをまとめた帯状のものです。Illustratorで使用できるツールがひとつにまとめられており、とても使用頻度の高いボックスです。

制作時はツールボックスから使用したいツールをクリックで選択し、操作を始めていきます。このツールボックスは表示方法を変えることも可能です。横に一列、縦に一列、二列で表示が可能です。不要であれば表示しない選択もできますが、非表示にすると作業上とても不便なので、常に表示させておくほうが効率が良いでしょう。

ペンツール

ふたつ目は「ペンツール」です。 ペンツールはIllustratorのツールの中でも使用頻度の高いツールです。ペンツールの基本操作は、直線、曲線を描いてオブジェクトを作成することです。

丸や四角など単純な図形はもちろん、星形や複雑な図形もペンツールで描くことが出来ます。一度描いたオブジェクトの一部をあとからもっと丸くさせるなどの変形を加える事も可能です。その際はペンツールを長押しすることで表示される、アンカーポイントツールを使用します。

アンカーポイントとは、ペンツールでオブジェクトを作成する際にできる点のことで、この点をつなげることで図形を描いています。アンカーポイントツールでパス上にアンカーポイントを追加したり削除したりすることで、一度描いた図形の加工、修正が簡単にできます。

ブラシツール

最後に「ブラシツール」です。 ブラシツールはその名の通り、ブラシを使用して描くツールです。水彩画のように描ける丸筆、平筆や鉛筆などの絵筆ブラシ、複数のタイルで定義されたパターンでパスを描くパターンブラシ、粗い木炭画などブラシの形状やオブジェクトの形状をパスの長さに合わせて伸縮させるアートブラシ、葉っぱや水滴などのオブジェクトをパスにそって散布する散布ブラシ、ペン先がカリグラフィペンのように斜めにカットされたカリグラフィブラシの5種類があります。

ブラシツールはマウス操作で図形を描きます。その軌跡に沿って効果が適用されていきます。上記であげたペンツールで作成したパス上にブラシツールからブラシをドラッグすることでブラシの効果を適用させる使用方法も可能です。

Illustratorでは、ツールボックスを使いこなすことが上達への道筋となります。上記の2つの基本ツールをまずは使用してみましょう。

知っておきたいIllustratorの基本用語

Illustratorを使ってみたい、使い始めたという方に、知っておくととても便利な基本用語を3つご紹介します。

パレット

ひとつ目は「パレット」です。 パレットとは、Illustratorの作業をするうえで必要な属性を設定するものです。必要な属性とは例えば線、文字、レイヤー、カラーなどです。

パレットごとに表示、非表示が自由ですので、よく使用するものは常に表示させておく設定にしておくと、効率よく作業を始めることができます。

パネルの操作はクリック、数値入力でできます。
図形の色を変えたいときはカラーパレット上の色をクリックします。文字の大きさを変えたいときは、文字パレットのポイント数を直接入力することで変えられますし、ポップアップからクリックで選ぶこともできます。

レイヤーパレットは図形をレイヤーで重ねて表示させることで図形を個別に修正、加工できるようにするものです。図形の数が多い場合、ひとつのレイヤーで操作をするよりも図形ごとに分けたほうが、ひとつの図形のミスが他の図形に影響せず、修正がとても簡単になります。

アートボード

ふたつ目は「アートボード」です。 アートボードとは、Illustratorで作業する際に必要不可欠な基準の枠組みです。印刷物でいうところの印刷領域をさします。

A4サイズやはがきなど固定のサイズに設定したり、カスタムで自由な大きさに設定することができます。制作作業を始める前に、制作物に適したアートボードのサイズを設定しておくと書き出しや印刷の際、用紙や指定サイズに合っておらず修正が必要になる、ということもありません。

アートボードは、Illustratorで新規ドキュメントを作成する際のダイアログで設定できます。はじめから出力サイズ等が決まっている場合はこの時に入力しておきましょう。新規ドキュメント作成の時点でサイズが決まっていない、アートボードのサイズを修正したい場合は、アートボードツールで修正も可能です。

コントロールパネル

3つ目は「コントロールパネル」です。 コントロールパネルは、画面上部に帯状に出ている部分です。線の幅を変えたり、文字のフォントや大きさを変えたいときや、図形の縦横比の変更などを行えるところです。

コントロールパネルでできる操作は、同様の操作ができるパレットもあるため不要かと思うかもしれませんが、コントロールパネルを画面上部に固定表示させておくことでその分画面を広く使える、咄嗟に探しやすいという利点があります。

特に文字、段落に関する操作はコントロールパネルのほうが見やすく操作しやすい仕様になっています。

Illustratorで制作を始めるまえに上記の3つの基本設定を行っておけば、とても効率の良い作業環境ができあがります。

追記

IllustratorはWeb製作の現場においては無くてはならない存在です。コーディングをメインにしているかたも、多少なりとも知識を持っておくことで業務効率は格段にあがりますので、デザイナーに限らず最低限の知識を持っておくことをおすすめします。

無料相談会に参加する

未経験からでもクリエイティブクラスのプログラマを目指せる環境 プログラミングスキルだけでなく、より包括的なビジネススキルを学べる場と聞くと、上級者向けという印象を持つかもしれません。 Creator’s Hiveの受講者の9割がプログラミング未経験者です。

受講中はもちろんのこと、卒業後の就職・転職まで、万全のサポート体制を整えているため、未経験からプログラマに転職を希望されている方にもオススメです。

Creator’s Hiveプログラマ養成所の無料説明会に参加しよう!
 無料説明会を随時行っており、個別の相談も大歓迎です。

無料相談会に参加する

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK