ITエンジニアが身に付けるべき5つの習慣

ITエンジニアが身に付けるべき5つの習慣

素晴らしいエンジニアの方とお会いすると、共通して、ある「習慣」を行っていることに気づきます。

今日は素晴らしいエンジニアの方が持っているその共通の5つの習慣を紹介します。

この習慣を身に付けることであなたもきっと素晴らしいエンジニアの仲間入りが出来るようになるでしょう。

1、自分を客観視する

今の会社に残って仕事を続けるにしろ、転職するにしろ、将来のキャリアを考える上で、”自分の立ち位置”を知るというのは非常に重要なことです。

自分が得意なこと・不得意なこと、自分がやりたいこと・やりたくないこと。

こういったことが分からなければ自分に向いている仕事にたどり着くことは出来ません。

社内に目を向けているだけでは客観的に自分を知るということは難しいので、業界全体から見た自分の立ち位置というのを確認する必要があります。

そのためには社外のエンジニアとコミュニケーションを取るということが自分の立ち位置を客観視できる最適な手段になります。

勉強会や交流会に参加し、

  • 自分と同年代のエンジニアはどういう仕事をしているのか?

  • 興味のあるサービスを開発している企業のエンジニアはどういうマインドやスキルを持っているのか?

  • 自分が今いる業界や会社から抜け出すと自分はどう評価されるのか?

ということを様々なエンジニアとコミュニケーションを取ることにより、感じることであなた自身を客観視できるようになります。

2、情報収集を欠かさない

社外のエンジニアとコミュニケーションを取るために勉強会や交流会に参加すると、社内では耳に出来なかった情報が得られるようになります。

「情報収集」というのも素晴らしいエンジニアが身につけている習慣の一つで、

たとえば、自分が持っていない技術やスキルを自分よりも若いエンジニアが持っていたら、知ったかぶりなどせず、

「それはなに?」

「どういったもの?」

ということを素直に聞いている。

そうして得た知識をアウトプットすることで、素晴らしいエンジニアになっているのです。

3、他人のコードを読む

あなたが部下や後輩を持つエンジニアを指導する立場なら、過去の自分の経験や知識から他人のコードに対して、「ここはこうした方が良い」といった具体的な指摘や提案が出来るので、他人のコードを読むことで、チームとしてのパフォーマンスを向上させることができます。

また、一人のエンジニアとして、常にもっと良い方法はないか?という目で他人のコードを読んでいます。

そういう目で膨大なコードを読んでいると、いざ、自分がコードを書く際に他人が取った最適なアプローチでコードを書くということを実践できています。

4、自分が使う道具を厳選して手入れしている

エンジニアの道具といえば、エディタやツールなどがあります。

しかし、素晴らしいエンジニアは皆が使っているエディタやツールを何も考えずに使い始めたりはしません。

厳選したエディタやツールを使って、自分の手になじませています。

手になじませるというのは、2つの意味があり、

1つは操作性に慣れること。

呼吸をするように自然に、キーボードの上を駆け回る心地よいリズムでタイピングできるエディタを選んでいます。

2つめは、自分に合わせて拡張・カスタマイズしているということ。

プラグインのON/OFFだけでなく、オリジナルのショートカットの設定、適切なハイライト、シンタックス・コーティングルールのチェック、様々な言語への対応などを自ら拡張してエディタやツールからサポートとフィードバックを受けることで、自分だけの道具にしていっています。

5、勉強を欠かさない

新しいプロジェクトに携わるエンジニアを募集する際、

「〇〇(開発環境など)に興味はありますか?」という質問に「あります!」と答えるエンジニアに対して、

「では、どんな勉強をしていますか?」と突っ込んで聞くと、

「勉強は特に何も・・・」

と答えるエンジニアがほとんどです。

「興味はあるけど勉強していない」エンジニアと、

「全く興味がない」エンジニアでは「何もしていない」という点では同じです。

このような質問に対して「勉強していない」と答えるエンジニアと「実際に自分でこのようなシステムを作ってみました」と答えるエンジニアでは、どちらの方が印象が良く、チャンスを掴めるかは明らかだと思います。

素晴らしいエンジニアは自分の業務で使用するスキル以外のことを常日頃から勉強しています。

そういう日頃からの勉強の積み重ねが「いざ」という時にチャンスを掴めるか掴めないかを分けています。

以上の5つが素晴らしいエンジニアが実践している習慣です。あなたもこのような習慣を身に付けて素晴らしいエンジニアの仲間入りをしましょう。

無料相談会に参加する

未経験からでもクリエイティブクラスのプログラマを目指せる環境 プログラミングスキルだけでなく、より包括的なビジネススキルを学べる場と聞くと、上級者向けという印象を持つかもしれません。 Creator’s Hiveの受講者の9割がプログラミング未経験者です。

受講中はもちろんのこと、卒業後の就職・転職まで、万全のサポート体制を整えているため、未経験からプログラマに転職を希望されている方にもオススメです。

Creator’s Hiveプログラマ養成所の無料説明会に参加しよう!
 無料説明会を随時行っており、個別の相談も大歓迎です。

無料相談会に参加する

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK