いまさら聞けない「JavaScript」超入門

いまさら聞けない「JavaScript」超入門

はじめてのJavaScript

JavaScriptはウェブブラウザに組み込むことでさまざまな動きを見せてくれます。そのため、Webでの表現のためのスクリプト言語と考える方も多いようですが、JavaScriptはFlashなどと違い、さまざま分野で利用が進んでいるオールマイティなプログラム言語に生まれ変わってきています。

JavaScriptがもっとも良く利用されているのがWebブラウザですが、各ブラウザデベロッパーはJavaScriptを組み込み動作させる際、最適化を行ってきています。組み込みの最適化とは動作速度の改善です。

スクリプト言語は一般的にコンパイルが必要なプログラム言語に比べて動作が遅いと言われています。

しかし、各種ブラウザのJavaScript動作エンジンが改良されてきていることからWebブラウザでも早い動作が実現してきており、中には3Dゲームなどの処理が重いプログラムも快適に稼働させられるエンジンを組み込み、従来のウェブブラウザでの表現力とは思えない、高度な表現を実現したエンジンもあります。

スクリプト言語は簡単に動作させられる、学習コストが低い特徴があります。特に学習コストが低い点については他のプログラム言語はもとより、スクリプト言語の中でも特に低いという特徴があります。

そのためデザイナーがJavaScriptを学習するケースが増えています。組み込み型のプログラム言語ではFlashに利用されているActionscriptがありますが、JavaScriptは長い間Actionscriptよりも表現力が低かったこともあり、利用が進んでいませんでした。

しかし、GmailなどGoogleがJavaScriptを活用し、JavaScriptの表現力に気づいたデベロッパーがさまざまな表現を行っており、HTML5も利用して新しい表現方法を生み出しており、Flashの代わりに採用する場合も増えています。

JavaScriptはスクリプト言語ではありますが、言語のシンプルさからスマートフォンでの採用も増えています。スマートフォンアプリではシンプルな特徴を活かして、分かりやすいフレームワークが登場してきており、スマートフォンのハードウエアも利用できるように改良が続けられ、さまざまなアプリケーションが登場しています。

今後、学習コストが低い、デバックしやすい、軽量という特徴を活かしてますます多くの分野で利用が期待されている言語の一つです。

JavaScriptでできること

JavaScriptはWebブラウザで動作するスクリプト言語として人気が高いプログラム言語ですが、Webブラウザでの表現力アップのための言語だけではなく、さまざまな分野で利用が進んでいます。

JavaScriptが最もよく利用されるのがWebブラウザのコンテンツ操作や表現力アップです。コンテンツ操作についてはWebブラウザで苦手とされている、派手な演出からイベント操作、フォーム調整まで広く利用されています。

また、学習コストが低いことからプログラマではなく、デザイナー自身が習得し、コンテンツの表現力アップのためにさまざまな動きを開発、実装しています。また、Webブラウザでこれまで難しかった3D表現力の拡大からゲームコンテンツを作成するデベロッパーも増えています。

JavaScriptはWebブラウザ以外での利用が進んでいます。特にサーバ分野とスマートフォンアプリ向けが素晴らしいバージョンアップが行なわれています。

サーバ分野では特にNode.jsと呼ばれるオープンソースタイプの開発ライブラリが充実してしています。

Node.jsはサーバ向けのアプリケーション開発ライブラリであり、自身もサーバで動作させるためのさまざまな機能が充実しており、これまでクライアントで採用されることが多かったJavaScriptをサーバ分野にも進出させてきています。

Node.jsでは特にリアルタイム処理や並列処理が得意であり、業務アプリケーションにも採用事例が増えています。

JavaScriptのスマートフォン対応では主にPhonegapを採用した事例が増えています。PhonegapではJavaScriptとHTML5を活用してスマートフォン用アプリを作成できます。出来たアプリはネイティブよりは若干遅い動作をしますが、ライブラリが改良されてきたことでゲームにも利用できるほど充分なパフォーマンスを示すようになってきています。

また、JavaScriptとHTMLを採用できることでWebアプリケーションで採用されている各種フレームワークが採用できる利点もあります。

スマートフォンアプリはプログラマが開発することが多かったのですが、Phonegapを採用することでJavascriptが分かるデザイナーがアプリを作成する事例も増えています。

また、Phonegapを利用すること無く、JavaScriptのみでスマートフォンアプリを作成するフレームワークも開発が進んでいます。

JavaScriptの基礎知識

JavaScriptはスクリプト言語です。スクリプト言語とはC言語やJava言語のようにプログラムを書いたらコンパイルをしないと動作が見られない言語とは違い、プログラムを書いたらすぐに実行できるプログラム言語です。

JavaScriptは主にWEBブラウザで稼働させられますが、WindowsやMacOSのコンソールモードでも動作可能です。

JavaScriptがスクリプト言語であることのメリットはウェブブラウザで稼働できることです。ウェブブラウザではHTMLとCSSが利用されていますが、これらの言語にはイベント処理をする機構が無い、もしくは少ないのでWEBブラウザ上でイベント処理を追加するためにJavascriptが良く利用されています。イベント処理にはPHPやRubyなども利用できますが、使い勝手の面でJavaScriptが使われることが多いです。

JavaScriptがウェブブラウザで動く手順はプログラムを書いたソースコードをウェブブラウザに読み込ませるだけです。

HTMLファイルにJavaScriptを書いたソースコードのファイル名を記載してソースコードの場所を教えるか、直接WebページのHTMLファイルにJavaScriptのソースコードを書いても良いです。

ウェブブラウザにはJavaScriptのエンジンがインストールされていますので何もプログラムを追加せずに実行可能です。また、コンパイルが必要ないスクリプト言語なのでソースコードが読み込まれればすぐに結果を見ることができます。

WebページにJavascriptを追加するには直接書き込む以外に別ファイルでソースコードを読みこませる方法があります。WebページにはHTMLやCSSがたくさん書かれているので、分けて記載するのが一般的です。

特に大規模なライブラリを実装されている場合には多数のファイルから構成されることになります。その場合でもWebページに記載するのは2行程度です。1つはJavascriptのエンジンを利用する設定、もう1つは実行されるJavaScriptの指定です。

JavaScriptはこれまでイベント処理などはプログラマに任せるのが一般的だったWebページ作成工程において、デザイナー自身がプログラムを書いて表現をすることができるプログラム言語です。

学習コストが少ないだけではなく、充実したライブラリも多数あることでWebページの表現の幅を広げています。

知っておきたいJavaScriptの基本用語

JavaScriptはNetscapeと呼ばれるウェブブラウザ用に作成されたスクリプト言語ですが、当初からインターネット間での通信に対応したことや、比較的学習コストが低いプログラム言語として作成されたのですが、あまり利用が進まずにいました。

JavaScriptが本格的に利用され始めるのはGoogleMapやGmailなどで利用され、機能などを再認識されたからと言われています。

JavaScriptは学習しやすい言語であり、プログラム初心者が最初に学ぶ言語としても人気があります。JavaScriptを学ぶ際に重要な項目は主に2つあります。1つはオブジェクトの理解。もう1つは各種メソッドの使用方法の学習です。

プログラム言語は要素をオブジェクトとして認識しますが、認識の仕方がプログラム言語ごとに異なります。

JavaScriptではすべての要素はオブジェクトとして扱われます。通常、オブジェクトとして認識されない構造もあるのですが、JavaScriptではすべてがオブジェクトであり、例外がないのが好まれています。

また、オブジェクトにはプロパティがありますが、プロパティも要素を構成している部品であり、他のプログラム言語のように複雑な工程を経ずに利用できるので理解しやすいと言われています。JavaScriptではライブラリも変数もメソッドもすべてオブジェクトであり、一つの使い方を覚えるだけなのでとても簡単です。

JavaScriptを学ぶ上で重要なことの2つ目はメソッドの使い方です。プロパティへのアクセスはとても簡単なプログラム言語ですが、メソッドの利用については2つの方法が用意されており、機能に応じて分けて考える必要があります。

メソッドの利用についてはプロパティを一緒に渡してメソッドを単体で動かし結果を得る場合と、メソッドを利用した際に返り値をもらう方式に分けられます。前者は他のプログラム言語ではクラスや関数の利用でよく行なわれる方法ですが、後者は呼び出す際、処理が終わるまで待たずに非同期で処理を行えます。

Ajaxなど非同期で通信するようなライブラリを利用する場合には重宝する方法です。JavaScriptでは非同期で処理をさせる機構が利用できますので、イベント処理などでユーザーを待たせずにバックグラウンドで処理をさせられます。

Googleマップなどでは地図データの先読みなどでこの方式が使われており好評です。

無料相談会に参加する

未経験からでもクリエイティブクラスのプログラマを目指せる環境 プログラミングスキルだけでなく、より包括的なビジネススキルを学べる場と聞くと、上級者向けという印象を持つかもしれません。 Creator’s Hiveの受講者の9割がプログラミング未経験者です。

受講中はもちろんのこと、卒業後の就職・転職まで、万全のサポート体制を整えているため、未経験からプログラマに転職を希望されている方にもオススメです。

Creator’s Hiveプログラマ養成所の無料説明会に参加しよう!
 無料説明会を随時行っており、個別の相談も大歓迎です。

無料相談会に参加する

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK