知っておきたいHTMLの基本用語

知っておきたいHTMLの基本用語

HTMLとは?

Webサイトを構築する時に基本的な技術として、HTMLのソースコードを記述するというものがあります。

HTMLは、文章の構成に合わせて、意味のあるタグを付け加えて、ブラウザにWebページとして認識させられるようにする為のファイルを作成する為のマークアップ言語です。

各要素には、段落や改行、画像埋め込みなどの機能が搭載されており、タグを使う事で要素の機能を使えるようになります。

要素には、属性が用意されており、属性に様々な値を追加していく事によって、要素に変化を与える事が出来ます。

例えば、画像を埋め込むタグであるimgには、ソースを指定する為のsrc属性が用意されているように、細かな設定を行えるように色々な属性が用意されていますので、必要に応じて使っていくと良いでしょう。

CSSやJavaScriptでリッチなコンテンツづくりも可能

HTMLには、CSSやJavaScriptなどを追加する事ができ、styleタグでCSSを導入する事でデザインやレイアウトを指定する事ができ、scriptタグを使う事で、JavaScriptによる動的なコンテンツ作りも可能になります。

HTMLソースコードは、修正や変更を加える事が多々ありますので、スクリプトやCSSを外部ファイルとして分離しておく事が有効であり、メンテナンスを行う時に修正や変更を行い易い環境を構築する事が出来ます。

テキストエディタがあれば、すぐ記述可能

HTMLを記述するには、テキストエディタがあれば、直ぐに出来ます。

作成したファイルをブラウザで開けば、作ったWebサイトの内容を確認する事が出来ますが、より効率良く開発を行いたいのであれば、Webオーサリングソフトを導入するのが有効です。 プレビュー機能やエラー表示機能などが搭載されており、ワープロ感覚でWebページを作成していく事も出来ます。

大規模なサイトの開発を行うようになれば、このようなソフトウェアを使っていれば便利です。 テキストエディタは、Webオーサリングツールに比べて、動作が軽快ですので、作成したい時にいつでも呼び出せるといったメリットがあります。

テキストエディタには、HTMLのタグ部分を色分けしてくれる機能を搭載していたり、規格通りに書く事が出来ているのかを確認する事が出来る機能が搭載されている物もありますので、このようなテキストエディタを導入しておけば、Webオーサリングツールが無くても、HTMLソースコードを作成するのに不便を感じないでしょう。

要素と属性の理解を深めるだけで、HTMLの機能を最大限に使っていく事が出来ます。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK