プログラマー35歳限界説は本当か?

プログラマー35歳限界説は本当か?

プログラマー35歳限界説は本当か?

転職市場において、35歳以上の転職は難しいという「35歳限界説」があるようにIT業界の中でも、35歳になると、プログラマーを続けていくのが難しいという「プログラマー35歳限界説」という話を聞いたことはないでしょうか?

そんな話を聞いてしまうとせっかく、プログラマーを目指そうと毎日努力しているのに、将来がないのならプログラマーなんて辞めて、違う仕事の方が良いのかな?なんて思ってしまいますよね。

今回はこのプログラマー35歳限界説は本当なのかどうか?を検証してみようと思います。

35歳限界説が囁かれる3つの理由

なぜプログラマー35歳説が囁かれるか?という大きな理由として、

  1. 体力低下説
  2. 学習能力低下説
  3. 管理職へのキャリアアップ説

という3つが挙げられます。

では、この理由について一つずつ検証していきましょう。

1.体力低下説

プログラマーという仕事は激務のため、35歳になると体力がついていかなくなり、辞めてしまうというのが原因というのが、体力低下説です。

体力の低下については、そもそも若くても体力がない人もいるし、歳を取っても体力に自信がある人もいますので、体力の低下はプログラマーだからというよりも日頃の生活習慣によるところが大きいです。

日頃から食事や睡眠をしっかり摂り、不摂生な生活を送らないようにすることで、体力の低下は防げるでしょう。

また、残業や休日出勤が当たり前で激務なイメージがありますが、それは下請け・孫請けをしているような現場であったり、派遣会社からの出向が多い開発現場での話なので、全てのプログラマーの労働環境がそういうわけではありません。

なので、35歳で体力がもたないから・・・という理由でのプログラマー35歳限界説は無理があるかと思います。

しかし、一方でプログラマーとしてスキルが高くなければ、時間を切り売りするしかなく、体力勝負になり、プログラマーとしての平均寿命は短くなりがちというのも事実です。 逆にスキルが高いプログラマーは労働時間は短くなり、プログラマーの寿命も長いという特徴があります。

2.学習能力低下説

プログラマーという仕事は常に新しい情報や技術を吸収しなければならないが、35歳を超えると脳の機能が低下し、新しいことを覚えられなくなるというのが学習能力低下説です。

しかし、35歳で脳の学習能力が低下するという研究データはこれまで見つかってはいません。

逆に脳細胞自体はいくつになっても成長していくので、歳を重ねるごとに学習能力は上がっていきます。

35歳で学習能力が低下するのではなく、30歳を越えると新しい情報や技術を習得するのが億劫になってきて、勉強をしなくなるというのが学習能力低下の最大の原因です。

新卒からプログラマーとして働くと30代では10年ほどのキャリアがあり、今まで積み上げてきた経験で日常の業務はこなせるようになりますし、新しいシステムを構築する際、新しい技術を試さなくなり、技術サイトやブログなどで最新の情報を仕入れなくなります。

こうなると徐々に新しい情報や技術を持った人に追い抜かれていき、自然と淘汰されるのはプログラマーに限らずどの職業でも言えることであり、新しい技術や情報のサイクルが速いプログラマーにとって勉強しないというのは致命的ともいえるでしょう。

脳の機能が低下するから新しい技術や情報が身につかないというのはまったくのデタラメで、単に本人の仕事への取り組み方の問題です。

3.管理職へのキャリアアップ説

35歳にもなるとプログラマーとして開発だけではなく、管理職のポジションを求められ、開発の現場から離れていかざるを得なくなるというのが、管理職へのキャリアアップ説です。

これについては、自分の所属する会社によりけりです。

自分のキャリアについて、マネージャー職とプログラミング職を選択できる会社もありますし、キャリアコースがしっかりしているために35歳になると仕事の中心がマネジメントになる会社もあります。

大きな会社ほど、その傾向は強く、ベンチャーや中小企業では35歳を越えてもプログラミングを現場でしている方はいますし、そういうプログラマーは経験値も高いので、その人に抜けられると困るという存在のプログラマーが多いのも事実です。

管理職へは自分が望んでキャリアアップされている方が多いので、ネガティブな意味での「35歳でプログラマーを卒業」ではありませんし、管理職ではなくプログラマーとして働けるキャリアデザインができる会社を選んだり、自分で起業するという方法で35歳以降もプログラマーを続けることは可能です。

4.まとめ

プログラマー35歳限界説は「月単価いくら」のプログラマーを単純労働者としか見ていない一部の開発現場では見られることですが、10代・20代からしっかりキャリアを積んできたプログラマーは35歳とは言わず、自分が望むなら何歳でもプログラマーとして活躍し続けることは可能です。

しかし、常に新しい技術や情報を学び続けるという姿勢がなければ、長くプログラマーとしてキャリアを築いていくことは難しいでしょう。

また、プログラマーはこれまで「プログラミングが出来る」というだけでできる仕事でしたが、今後はプログラミングが出来て、更にプラスアルファのスキルを持つプログラマーが勝ち残っていくでしょう。

今後は、クリエイティブ・クラス(リンク先記事:新たな時代に求められるクリエイティブな人材とは)という人材が求められる時代になっていきますので、プログラミングスキルと共に身につけていきたい能力です。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK