あなたが今すぐプログラミングを学ぶ9つのメリットとは?

あなたが今すぐプログラミングを学ぶ9つのメリットとは?

「ExcelやWordもろくに使いこなせないのに、私がプログラミング?ムリムリ!」 そんな風に思っているあなたに、知ってほしいトレンドがあります。

インターネットの発展と共に「プログラミング学習」は、誰もが覚えておく必要のある スキルになっています。

簡単にアプリやウェブサイトを作れることで、自己表現の可能性が広がり、週末の副業にすることもできます。ハードルが高いと思っている人も心配無用。プログラミングを学ぶリソースは世の中に急速に普及してきており、初心者でも簡単に始められる、楽しく学べるスキルなのです。

実際に多くのプログラミングスクールや学習サイトが立ち上がっています。 具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、プログラミングを学ぶメリットをまとめています。

  1. 求人のニーズがある
  2. キャリアアップを目指せる
  3. 仕事が効率化できる
  4. 自分のアイデアを形にできる
  5. 新しい人脈が築ける
  6. 論理的思考力を身につけられる
  7. 問題解決能力が身につく
  8. 副業として収入になる
  9. 気軽に始めることができる

1.求人のニーズがある

エンジニアやプログラマーは多くのIT企業で不足しており、そのため求人ニーズが高まっています。アメリカだけでも2020年までに100万人ものエンジニアが不足すると言われています。

日本でも、エンジニア人材に特化した転職エージェントも多数あり、日常的に多くのエンジニアやプログラマーが転職しています。

2.キャリアアップを目指せる

エンジニアやプログラマー志望でない人でもキャリアアップを目指せる点でプログラミングを学ぶメリットはあります。IT業界ではプロデューサーやディレクター、デザイナーなど様々な職種があります。どんな職種でもエンジニアとのコミュニケーションが発生します。

プロデューサーは事業やサービスの方向性を決める時にそれが技術的に可能なのか、どれくらい工数がかかるのかをクライアントに話します。ディレクターもプロジェクト全体の進捗管理をする上で各々のタスクがどのくらい時間がかかるか知っておくことで業務を効率化できます。

また、デザイナーも伝えられた企画をデザインに落とし込み、エンジニアに実装してもらう過程を通してエンジニアと話します。その際にプログラミングの知識があればより円滑な議論ができます。

3.仕事が効率化できる

プログラミングはIT業界の人しか学ぶ必要のないスキルだと考えている人もいると思います。IT業界以外の人でもプログラミングを学び、業務を効率化させています。

実際に受講生の中にはIT業界の人だけではなく、食品や保険、銀行など様々な業界の人がいます。

4.自分のアイデアを形にできる

プログラミングの最大のメリットは、自分のアイデアを形にできることです。

こんなツールがあったら便利と思うアイデアをアプリとして作る、ウェブサイトを制作するなど自分で思いついたアイデアやコンセプトを実際に形にできたら、楽しいですね。

自分のアイデアを形にできるというのは、ビジネスマンや学生にとっても大きな魅力です。プレゼンの時、今考えているサービスを実際にプログラミングして実物を見せると、説得力が増します。

デザインセンスの有無は関係ありません。今では初心者でも無料で使えるテンプレートやツールがたくさんあるので、形にすることはとても簡単です。

5.新しい人脈が築ける

エンジニアが集まるイベントは日本全国で行われています。 専門のイベント情報サイトがあるほどです。 プログラミングを学ぶことで、イベントやコミュニティー、勉強会などを通して今までになかった人脈を作ることができます。

6.論理的思考力を身につけられる

プログラミング学習は社会人としての根本的な能力を養える点でも注目されています。

プログラムは、正しく書くと必ず正常に動きますが、逆に少しでも記述を間違えると動きません。論理的な規則に従ってコードを書いていくプロセスを通して、物事を筋道立てて考えるスキルが身につきます。

7.問題解決能力が身につく

問題解決能力を身につけられるメリットもあります。プログラミング中には多くの場合、思い通りに動かずバグが発生します。 バグを治すために問題が発生している原因を推測して、解決できるようコードを書き換える作業を繰り返します。
この過程で問題の解決能力を養うことができます。

8.副業として収入になる

プログラミングができればIT企業にエンジニアとして就職するほか、副業としても稼げます。クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトには、ウェブ制作やアプリ開発の仕事がたくさんあります。

9.気軽に始めることができる

最近は、学ぶ場やツールの裾野が広がっています。ちょっと前までは専門のスクールに入学するか分厚い技術本を独学で身につけるしか選択肢がなかったことを考えると大きな進歩です。具体的に例を挙げてみます。

  1. オンライン学習ツール オンラインでインタラクティブにレッスンを受けて、自分のペースで学習を進められる画期的なサービスが人気を集めています。
    レッスンが体系的になっているので、学習が継続しやすいです。

  2. 勉強会やワークショップに参加 最近は初心者向けワークショップも増えてきています。そこから初めて、ある程度勉強が進んでからは、専門的な技術者の勉強会に参加して必要な知識を身につけるのもよいでしょう。

  3. ブログや情報サイト インターネット上に豊富なブログや情報交換サイトは学びの場を補足してくれます。 同じ悩みでつまずいている人がブログや問題解決サイトでオープンに情報を投稿しており、参考書を買うよりも、効率的に情報を集められます。
    インターネットにある参照情報の量は膨大です。ある程度スキルアップして、開発情報共有サイトでの調べ方まで習得できると、非常に便利です。 レベルアップするにつれて活用が進むリソースになるでしょう。

学習コストが少なく、学ぶメリットは多い

プログラミングを勉強して習得することで、働いている業界や年齢に関わらず多くのメリットがあることが分かります。プログラミングは、勉強するのにハードルが高いイメージがあります。

しかし、一度初めてしまえば、数学や国語、英語など私たちが勉強してきたものと大差がないことに気づきます。幸い、今日では様々なプログラミングスクールやWebサイトがあり学習にかかるコストも少ないです。 是非この機会に学習を初めてみてください。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK