Googleが無償で公開したTensorFlowを日本一分かりやすく解説

Googleが無償で公開したTensorFlowを日本一分かりやすく解説

あなたのように勉強熱心な方なら、すでにニュースで見たり、聞いたりしているでしょうが、Googleが2015年11月9日、ディープラーニングを実行できる機械学習システム『TensorFlow』のソフトウェアにおける設計図にあたるソースコードを無償で公開し、ソフトウェアの改良・再配布も行えるオープンソースウェアとしてリリースしました。

商業利用も可能なApache2.0ライセンスで公開されるため、人口知能の研究者や学生、アプリケーション開発者や世界各国の開発メーカーまでGoogle製品で使われるものと同品質のソフトウェアを無償で利用できるとあって世界に衝撃を与えました。

今回は、これからの世界を変える可能性を秘めた今、話題のTensorFlowについて、お伝えしたいと思います。

ディープラーニングとは?

GoogleはこれまでにもDistBeliefというディープラーニングインフラを構築して、人工知能をベースにしたGoogle検索のアルゴリズムであるRankBrainや受信したメールへの返信文の候補を自動で作成するSmartReplyを開発してきました。

ディープラーニングとは、人間の脳の中に多数、存在するニューロン(神経細胞)が信号の受け渡しをすることによって情報処理をしているという脳の仕組みをコンピュータ内に実現したニューラルネットワークを一つの層として、それを幾重にも多層化したものです。

なぜ、ニューラルネットワークを多層化するのかといいますと、情報を取り込む入力層と答えを出す出力層の間にある情報を識別する中間層が多いほど、より正確な認識ができるようになるからです。

Googleは2012年、ディープラーニングシステムを用いたニューラルネットワークにYoutubeの動画を1週間見せ続けた結果、コンピューターは人間に「これが猫だ」と教えられたわけでなく、自己学習により「猫」を認識できるようになったということで大きな話題になりました。

ディープラーニングは今や、Googleの画像検索、Googleフォトの顔認識、Gmailのメール分別、SmartReplayを利用したメール自動返信文作成、さらにはウェブ検索の最適化、Youtubeや広告事業にいたるまで、Googleのほとんどのサービスを支える基幹技術となっています。

Googleがオープンソフトウェアでリリースした理由

では、なぜGoogleは自社を支える基幹技術をライバルが商業利用できるApache2.0という形で無償で公開したのでしょうか?

その答えはスマートフォンやタブレットといったモバイル端末用の基本ソフトウェア(OS)であるAndroidを無償で公開した事例からGoogleの戦略が見て取れそうです。

GoogleがAndoroidを無償で公開した結果、何が起きたかというと、全世界のモバイル端末のOSの7割近くをAndoroidが占め、現在も圧倒的なシェアを獲得しています。

圧倒的なシェアを獲得したことで、Googleが提供するサービスを利用する人が増え、消費者の動向や好みを分析し、Googleの収入源である広告収入に活かしているのです。

今回もGoogleはTensorFlowを無償で公開することで、その技術を搭載した製品やサービスの普及を目指していると考えられます。

ディープラーニングが世界を変える

Googleが提供するサービスに限らず、AppleのSiri、Facebookのニュースフィードなどにもディープラーニングが活用されています。

ディープラーニングはこれからのコンピュータと人間のあり方、これまでの世界そのものをも変えると言われている技術で、現在、IT企業だけではなく世界的な大企業もこぞってこの分野に力を入れ、開発に取り組んでおり、その技術の進歩は凄まじい速さで進んでいます。

身近なところで言えば、2020年の実用化に向け、物体を認識し、衝突しないようにすることで自動運転装置を搭載した車の開発をIT企業であるGoogleと世界各国の主要自動車メーカーが争っています。

人間の顔をコンピューターが認識できるようになれば、玄関のオートロックも指紋認証ではなく顔認証になっていくでしょうし、街中の監視カメラから特定の人物を探し出すということも容易になるでしょう。

人間の知能と変わらない人工知能を持ったロボットの登場も遠い未来ではないでしょうし、ロボットがディープラーニングによって学習を続けた結果、人工知能が人間の脳を越える・・・、そんな日がやってくるかもしれません。

これまでの世界のルールそのものを変える可能性を秘めたディープラーニング。

この分野で覇権を握った企業が世界の覇権を握ると言っても、過言ではないほどの技術なのです。

それだけ意義あるものをGoogleが無償で提供したということで今回のニュースは大きなインパクトを与えました。

今後、ディープラーニングの分野ではTensorFlowが主流になっていくのは間違いないでしょう。

Googleがこのまま世界の覇権を一手に握るのか・・・、はたまた、TensorFlowを利用して新たなGoogleが誕生するのか・・・、今後もこの分野の動きからは目が離せません。

 

無料相談会に参加する

未経験からでもクリエイティブクラスのプログラマを目指せる環境 プログラミングスキルだけでなく、より包括的なビジネススキルを学べる場と聞くと、上級者向けという印象を持つかもしれません。 Creator’s Hiveの受講者の9割がプログラミング未経験者です。

受講中はもちろんのこと、卒業後の就職・転職まで、万全のサポート体制を整えているため、未経験からプログラマに転職を希望されている方にもオススメです。

Creator’s Hiveプログラマ養成所の無料説明会に参加しよう!
 無料説明会を随時行っており、個別の相談も大歓迎です。

無料相談会に参加する

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK