今盛り上がっているフィンテックってなんだ?

今盛り上がっているフィンテックってなんだ?

連日、新聞やニュースの金融・経済面で話題になっているFintech(フィンテック)。

Finance(ファイナンス)とTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、フィンテックは簡単に言うと、ITを使った金融サービスのことです。

ネット銀行やネット証券など金融とITの融合は進んでいますが、銀行や証券会社といった既存の金融機関は新興のIT企業にこれ以上、金融サービスのシェアを奪われまいと次々にフィンテックへ本格参入し、ITを武器にしたスタートアップ企業は金融業界の既得権益の切り崩しに躍起になっています。

これまでのITの歴史を振り返ると、手紙やハガキが果たしてきた役割をeメールが奪い、電話の果たしてきた役割をスカイプが奪ったというように、新しいITサービスが生まれるたび、それまであった既存のビジネスシステムは根底から覆えされてきました。

ITが次にその根底から覆そうとしているのが、金融業界のビジネスシステムです。

また、フィンテックは金融・ITに携わる人だけではなく、全ての人の生活を変えてしまう可能性があります。

今回は2016年、ぜひ知っておきたい話題のフィンテックについてお話したいと思います。

すでに私達の生活に溶け込んでいるフィンテック

日本でもsuicaやnanacoといった電子マネーが私達の日常生活の中に決済手段として溶け込んでいます。

マウントゴックスの破綻で注目を浴びたビットコインは仮想通貨とよばれるITを使った新しい通貨のかたちです。

こうした電子マネーや仮想通貨、新しい決済手段として誕生したLINE PayやApple Payなどはフィンテックの最たる例で、他の決済手段でいいますと、クレジットカード番号などの個人情報を相手に知らせずに決済できるペイパルもフィンテックです。

また、これまで着金に時間がかかることと高額な手数料がネックになっていた海外への送金もフィンテックを使えばリアルタイムで銀行に支払うよりもずっと安い手数料で海外に送金することが可能になります。

これまで決済サービスといえば、金融機関を通してのみ行われてきましたが、airbnbやuber、日本ではメルカリやフリルといったサービスの普及により、個人間取引(CtoC)が盛んになり、個人同士でもっと簡単にもっと安全に決済ができるピアツーピア(P2P)の決済サービスが求められるようになったことが、フィンテックを生み出す流れを作りました。

他には、ネット上で投資や資金援助を募るクラウドファンディング、スマホで自分の資産を一括管理できるマネーフォワード・マネーツリーといった家計簿アプリ、会計・経理をクラウド上で行えるサービスも身近なフィンテックの例です。

まだまだあるフィンテックサービス

現在、フィンテックで受けられる金融サービスはこれだけにとどまりません。

  • データを入力すると、その場で与信審査の結果が分かるローンサービス
  • ローンを借りたい人とお金を運用させたい人をマッチングするP2Pレンディング
  • 複数枚のクレジットカードやキャッシュカードを一つの端末で管理
  • 投資のアドバイスや証券売買の手助けをするサポートサービス
  • 企業向けの融資サービス

といったこれまで、銀行や証券会社といった金融機関が行っていた金融サービスはほとんどフィンテックになり変わると言っても過言ではないでしょう。

フィンテックが進めばスマホ一台であらゆる金融サービスを受けることができ、わずらわしい通帳や資産管理も不要になります。

ただ、金融業界は下記の記事にもあるように金融業界独特の法律で縛られている規制業界ですので、なかなか新しいサービスや新しい企業が新規参入しづらいのが現状です。

ch_eyecatch_fintech銀行がなくなる?フィンテックの到来
新聞やニュースで最近、「フィンテック」という言葉を見かけます。フィンテックとはアルファベットで「FinTech」、金融を意味するFinanc...

しかし、日本でもフィンテックに向けた法改正が進みつつあり、既存の金融機関は相当な危機感を抱いています。

ユーザーの立場からすれば、高い手数料を取られ、サービスを受けたくても窓口が24時間365日オープンしていない金融機関より、親指ひとつでいつでもどこでも金融サービスを受けられ、バカ高い手数料も支払わなくて良くなるのだったら、どちらを選ぶでしょうか?

ユーザーの立場からもそうですし、金融とITというのは「データを扱う」という点において、非常に相性の良い分野なので、これからもフィンテックへの流れはますます加速していくでしょう。

フィンテックが金融業界を根底から覆し、これまでのように金融機関が手数料を稼ぐといったビジネスモデルは成り立たなくなることが予想されます。

すでに世界的なコンサルティング会社であるマッキンゼーは2015年9月の「グローバルバンキング・アニュアルビュー」の中で、今後10年間で銀行の売上は40%ダウン、利益にいたっては60%ダウンするだろうと予測しています。

まだ世界的にもフィンテックの流れは始まったばかりなので、金融とITの融合がこれからも進んでいけば、10年前に街行く人がスマホを持ち歩くことを誰も想像できいたなかったように、今では、想像もできないような金融サービスが私達の生活を便利にしているかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

COMMENT ON FACEBOOK